Friedlander Violin

ここでの紹介は、「べた打ちでどの程度いけるか」を伝えるもので、詳しい使い方の説明をしているわけではありません

『Friedlander Violin』は「Embertone」のヴァイオリンソロ音源です。

いくつか種類がありますが、

「24bit Mono」の「Full All CCs」

を使います。

まずは、ピアノで聴き比べるメロディを聴いてください。

ベロシティ80%で、ノートは全て繋がっている状態です。

1.デフォルト状態

起動しただけで何も弄っていない、上の画像の状態で鳴らしたものです。

2.ビブラートを弄る(1)

ビブラートを弄ります。縦が速さ横が深さです。

右のツマミは両方を一括に動かせます。

ちなみにCCによって演奏中に変更が出来ます。

今回は、どちらも最大にした状態です。

3.ビブラートを弄る(2)

ビブラートには種類(VIBRATO STYLE)があり、「Passionate」に変更しました。(情熱的な演奏に最適(日本語ガイドより))

さらに、速さ・深さも最大よりは少し抑えた状態にしました。

4.設定を弄る

右の楽譜にあるメニューの中で上から3つ目の「Configure」を押すとこの画面になります。

幾つか設定できる部分がありますが、その中で、

①「Speed Range」:スピード感の設定

②「Responsiveness」:「True Legato」(後述)時の発音の遅れを軽減

③「Bow Noise Reduction」:弓のノイズの設定

を弄りました。

「True Legato」はON/OFFを切り替えられます。(「Responsiveness」の左)

これは実際に収録されたレガートサンプルが鳴りますが、RAMを多く使います。

これがOFFで他の設定は上記のものの時の音です。

5.ノートを弄る

ノートとノートが繋がっていない時の音です。

上の状態で、ベロシティが最大だとこうなります。

6.良い感じにする

最終的に良い感じにしたものです。

一部ノートとノートを繋げず、出だしのみベロシティを60%にしています。

結論

完全にデフォルト状態だとべた打ちでは使いにくいが、軽く設定することでべた打ちでも良い感じになる音源です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投稿日:

Copyright© Musik von GlanZauber , 2018 All Rights Reserved.